僕の名前は「わんさん」。 1988年2月に僕は生まれた。 そして 2004年1月に僕は パパとママとミルクの所から旅立って天使になりました。 僕は「甲斐犬にそっくりの紀州犬のミックス犬」。 そんな僕のワン生をつづりました。 こんな僕がいたことを知ってくれたら、うれしいなっ。

2011年02月11日

僕の1988年

僕は、男の子だからね

おしっこは片足あげて、
かっこよく、するんだ。

ほらねっ
ひょいっ

あっ
あげすぎちゃって
逆立ちになっちゃった・・・

ママ〜
そんなに笑わないでよ〜

僕って、爆睡犬なんだって。
ねんねすると、
起きなくなっちゃうんだ。

ママが「わんさんっ」って呼んだって
グーグー寝てるよ。

ママが心配して
抱っこしても
グーグー寝てるんだ。

ぐらぐら揺らしたら
やっと目目さめたよ。
ママ、何かご用?

1988.jpg

ママの顔を手手で、
バリバリしたいんだ。

ママがねんねしてたから
バリバリしたら、
おこられちゃったよ。

ママったら、それでもねんねしちゃったんだよ。
ねんねしちゃったら、つまんないよ。
僕もママのお隣で、ねんねしたよ。

ママが起きたとき、
お隣で僕が寝てたの見つけて、
「かわいいっ」って
ぎゅって抱きしめられた。
ママ、苦しいよ〜。

パパの靴下は僕が脱がしてあげるんだ。
先っぽをかじって、ぐいぐいひっぱるんだ。

そうすると
パパもママも
ゲラゲラ笑うんだ。
だから
僕はがんばって
パパの靴下ひっぱったよ。

そんな風に
僕の激動の1988年はすぎていったんだ。


最近ママが、僕の名刺を渡したら、
受け取った人が
僕が1988年生まれなのを見て
「僕と年が近いですね」って言ったんだって。
その人は1984年生まれで現在27歳。
僕も生きてれば、23歳なんだね。

ママのお友達は僕が1988年生まれなのを知って
息子さんと同級生だって言ってたんだって。

そんな風に言ってもらうと、
なんだか、うれしいなっ。

ニックネーム わんさん at 17:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 1988年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月09日

僕のお耳の整形のお話(>_<)

僕のお耳は先っぽが
ちょっこんとたれてるんだ。

ママは僕のお耳が
とってもお気に入りなんだ。

1988.jpg

ある日、
僕がカーテンとじゃれてたら、
ママが僕を見て、びっくり!!

ママの大好きな
僕のお耳が
ぴょーんって
立ってたんだ。

「今は耳たれてるけど、いずれ立ちますよ」
って、ペットショップの病院の先生が
言ってたよ。

ママったら、忘れていたみたい・・・

「グレムリンみたいで、かわいくないね。
わんこの耳の整形ってあるらしいよ」
って・・・ママ・・
僕のお耳をどうする気!

僕のお耳が立たないように
僕のお耳を洗濯ばさみでとめたんだ。

僕のお耳をたたんで、
洗濯ばさみをパチっ。

えっ?
何かした?
僕、全然平気。
いい子にオスワリしてるよ。

もう片方のお耳にも
洗濯ばさみをパチっ。

全然痛くないけど・・・
なんか重いよ・・・
それに、じゃまっけなもんがついてる・・・
プルップルップルッ
僕は首をふったんだ。

そしたら、
すごい、イターイ!!
ウギャァ〜
イタイよ〜!!
僕は、痛さのあまり
お家の中をかけずり回った
うぎゃあ〜!!。

ママがあわわてて、
僕をおいかけて、
洗濯ばさみをとった

「平気だと思ったら、
首振ったから、ずれて
痛くなったんだね」

ひどいよ〜
ママ〜
イタイじゃないかぁ〜

そして、僕のお耳は
セロテープで
何日かとめられた・・・



それで、僕のお耳は
大人になっても
先っぽがちょこんと折れてるんだ。
ひどいでしょ。
ママ、どうぶつぎゃくたいだよ。
反省しなさい!


ニックネーム わんさん at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 1988年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月06日

僕のこだわり♪

僕には、こだわりがあるんだ。

僕のこだわりは

ウ○チする場所なんだ。

ナイショで、したいんだ。

1988.jpg

ある日、いい場所を見つけたよ。

そこは、お風呂のフタのうえ♪

ちょっと暖かくて、でこぼこしてるけど、

ナイショでできるし、静かなんだ。

ママが僕のう○ちを見つけて、ビックリ!

「落ちたら大変でしょ!」って怒られちゃった。

怒られちゃったから、別の場所さがすよ・・・


またまた、いいとこ見つけたよ。

そこは、段々がいっぱい上の方まで続いてたんだ。

行ったことない所だったけど、

僕はがんばって

1段1段上っていったんだ。

そしたら、一番上に

知らないお部屋があったんだ。

僕はそこで、のんびり、う○ちをしたよ。

「わんさぁ〜ん」
「わんさぁ〜んっ」

あっママが下で呼んでるっ

僕、ママのとこ行こうとしたんだ。

けど、段々がすごい怖くなっちゃって・・・

ママのとこに行けなかったの。

「僕はここだよ〜ワンっ」

そしたら、ママが来て

また、びっくり!

パパも来て

パパも、びっくり!!

僕、また怒られちゃうかな〜?

そしたら、
パパとママが
ゲラゲラ笑ったんだ。
すごくいっぱい
ゲラゲラ笑ったんだよ。



ニックネーム わんさん at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 1988年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月04日

元気いっぱいだよ〜♪


僕が元気になったので、
僕の病院は
近くの歩いていける病院に替わったんだよ。

新しい病院の先生に
「そんな大変な病気を克服できたんだから
 この子は長生きするよ」
って言われたんだ。

ワオッ、すごいでしょ。
先生が言ってくれたとおり、
僕は15歳と11ヶ月までがんばったよ。

1988.jpg

最初にお家に来たとき、
僕がおとなしかったのは
具合が悪かったからなんだ。
すごく、元気になったんだよ。

お家の中を走り回ったり、
パパやママの手を
かみかみしたり、
しちゃってるよ。

そのたんびに「いたいっ」って
パパもママも言うんだ。
なんか、楽しくないから
すぐ、やめたけどね。

お部屋に置いてある小さい木が生えてる、
土のとこにささっていた、
ブランターースティックって名前の
棒の先っぽのうさぎさん。

うさぎさんのお耳、かじって、とっちゃった。
えへっ。
耳のなくなった、うさぎさんを見て、
ママがびっくりしてたんだ。
おもしろかったから、
うさぎさん全部かじって、とっちゃった。
うひひっ。
棒だけになったのをママがみつけて、
また、びっくりしてたんだ。
オモシロかったなぁ。
どこにかくしたかは、ずっとナイショにしたんだ。

パパやママが帰ってくると
うれしくって、
オシッコでちゃうんだ。
しっぽも、ぐるぐる
ヘリコプターみたいに
まわしてたんだよ。

また、同じお写真でごめんなさい。
赤ちゃんの時のお写真、
これしかないの・・・
僕がいなくなっちゃってから、
もっと、撮ればよかったって、
ママが後悔してたよ。

ニックネーム わんさん at 15:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 1988年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月02日

無事、生還♪

「峠は越しました」
動物病院の先生がそう言った。

そして、それから2,3日たって
僕はお家に帰ってきたんだよ。

ママとパパは最初の日にした
パルボ・ジステンバーワクチン
のせいじゃないかって
言ってた。

僕はそれから、
1度もワクチン、チクンしなかったんだ。
エヘヘ。

でもまだ、
お薬飲まなくちゃダメなんだって。

新鮮な牛挽肉の生肉ってゆーごはん。
先生が教えてくれたごはん。

パパが僕ののどの奥の方に
お薬とごはんをいれるから、
ちっともおいしくないよ。

僕はごはん嫌いになっちゃうよ。

じゃぁ〜ん!
1988年5月29日の僕のお写真です。
1988.jpg

だっだれ?
「かっかわいくないかも・・・」なんて
思ったのは・・・

僕、ホントに元気になったんだよ。

パパとママと3人で、
初めて海ってゆう所に行ったんだ。
知らないお姉さんに、
「足が長いねっ」って
ほめられたよ。
エッヘン!

1週間もお待たせしてしまって
ごめんなさい。
今日のお写真は
僕が3ヶ月か4ヶ月の時だよ。
赤ちゃんの時の僕のお写真、
実はこの1枚だけなの・・・

ニックネーム わんさん at 19:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 1988年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月25日

入院になっちゃったぁ〜(@_@)

新しいお家に来て
まだ1週間もたってなかったんだ。

ママが帰ってきたのに、
僕はお家から出る元気もなかったの。

ママはあわてて、僕を抱き上げて、
パパとママのお家に入ったんだ。

しっぽもふれないよ・・・
具合が悪くて
ねんねもできないんだ・・・
僕はただ、ただ、壁を見つめて
お座りしてたんだ。

それで、また元の
ペットショップへ・・・
病院がついてるからね・・・
入院なんだって・・・

僕、もう死んじゃうかもしれないんだって・・・
まだ2ヶ月だよ
生まれたばっかりだよ

「もし、ダメだったら 代わりの犬をご用意します」
ペットショップの人がそう言った・・・

「そんな、簡単に・・・
 もう、わんさんじゃなくちゃ、ダメだよね」
パパとママは、お家に帰ってから、
そうお話ししてたんだって。

ママとパパは僕が元気になって
帰ってくるのを待っていたんだ。


ママのお仕事の都合で
次の更新は、2月2日になるんだって。
ごめんなさい。

ニックネーム わんさん at 16:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 1988年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月23日

僕のお名前は「わんさん」

3.JPG

僕の最初のお家は段ボール箱。

僕って、とってもおとなしいんだ。

「おいでっ」って呼ばれても、

キョトンとして、お座りしてたんだ。


パパとママがお仕事に行くときは、

お外のお家。

屋根が青くて、壁が白くて、プラスチックのお家。

僕は、そのお家の中で、

パパとママが帰ってくるのを待ってるんだ。


僕のお名前を
「わんさか」 とか 間違って呼ぶ人もいたけどね・・・
一度なんて
僕を指さして、「いぬ?」って間違えて呼ばれたことあったよ。
ママは「はい。犬です」って答えたんだ。




ニックネーム わんさん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 1988年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする