僕の名前は「わんさん」。 1988年2月に僕は生まれた。 そして 2004年1月に僕は パパとママとミルクの所から旅立って天使になりました。 僕は「甲斐犬にそっくりの紀州犬のミックス犬」。 そんな僕のワン生をつづりました。 こんな僕がいたことを知ってくれたら、うれしいなっ。

2011年08月25日

1月22日

1月22日

今日は、本当のお別れの日。

僕の体がなくなっちゃうんだって。

130.JPG

甲斐犬そっくりなのに、紀州犬の雑種。

長いんだか、短いんだか、中途半端な長さの毛。

黒いんだか、茶色いんだか、はっきりしない毛の色。

ボサボサだけど、あったかい毛並み。

先だけ白いお手手。

ねこじゃらしみたいな、りっぱなしっぽ。

本当はちょっと折れているお耳。

綿がつまったお鼻がかわいそう。

忘れないように・・・

パパとママの手に、感触がのこりますように・・・

何度も、何度も、いい子、いい子、してる。



いっぱいのお花。

小屋に敷いてあったバスタオル。

お花が咲いているところにあった、

悪戯したかったかかしさん。

パパのにおいのついたTシャツ。

ママのにおいのついたエプロン。

ミルちゃんのにおいのついたおもちゃ。

パパとママとミルクと僕のお人形。

すぐに食べてもいいおやつ3つ。

あとで食べる、袋にきゅうきゅうに詰まったおやつ。

細長いお肉と小さいお魚が入った、お弁当。

僕が、さみしくないようにって・・・

僕が、お腹すかせないようにって・・・

今日、僕が、持って行くようにって・・・

131.JPG

ママに抱っこされて

パパの運転で

ワゴンRに乗って

出発だね。


こんなには持って行っちゃだめだって・・・・

おじさんにおことわりされちゃったね。


ほんとに、ほんとの・・・お別れ・・・・

パパとママ・・・ 泣いてる。


ほんとに、ほんとの、お別れ。

僕は、さよならするために、目をあけたよ。


もういくね。

お空に。


さようなら。

パパ、ママ、ミルク。


さようなら。

ワン、ワン、ワン、 ワン、ワン、ワン、 ワン、ワン、ワン、

ウオッ・・・・。

132.JPG

133.JPG




ニックネーム わんさん at 09:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 2004年 15歳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月24日

1月21日


月21日

128.JPG

パパとママが

あんまり、いい子、いい子するから、

僕のお手々はやわらかくなっちゃった。


もらった小さなお花の束は、僕の手の中。


パパとママがお出かけから帰ってきた。

ミルクがワン、ワン、吠えて、

僕にママとパパが帰ってきたことを知らせてる。

ミルクにはわからないんだね。


花束が3つ。

2つはバラなんだって。

もう1つはスイトピー。

スイトピーは、お花屋さんのお姉さんが、

僕にプレゼントしてくれたんだって。


明日、本当のお別れなんだって。



パパとママと三人で、ドライブにでかけた。

前のお家のお散歩コースを回ったよ。

それから、伊豆の方に行ったんだ。

こんなに遠くまで来たのは初めてだ。

途中からは、ママに抱っこされたんだ。


北川ってゆうところで、お星様をみたよ。

僕が毎日見ていたお空には、

こんなに、お星様はなかったよ。

パパにも抱っこされて、お星様をみたよ。

僕も、あのお星様のどれかになるのかなぁ。

129.JPG



ニックネーム わんさん at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 2004年 15歳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月23日

1月20日


1月20日


朝になっても、パパとママは泣いている。

今日は、雲一つない、いいお天気みたい。

127.JPG

僕が昨日汚した毛布は、お洗濯されて

僕は、きれいになった毛布の上におねんねしてる。


ママは、もう一度、僕の体をふいていた。

ガリガリの僕の体を拭きながら、また、泣いている。


パパもママも、何度も僕をいい子、いい子 して、

そのたんびに、毛布をめくったり、かけたりしている。


「ねているみたいね」

「やさしい顔してるね」

「毛布がうごいてみえるね」





ニックネーム わんさん at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 2004年 15歳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月15日

2004年1月19日23時45分

こんな時に、おむつなんて、取り替えるから・・・

オシッコ、パパにかけちゃった。

ママの手に、

ピチピチウンチ、しちゃたよー。


くるしいよー。

くるしいよー。

僕のお目々から、あぶくが出てきた。

 
パパー! 

ママー!




そして・・・・

僕は、何も、苦しくなくなった。

パパとママは

僕の体をいいこ、いいこしながら

わんわん、泣いている。




僕、死んじゃったんだね。



ママの大好きだった、僕のお目々とお口は、

そっと、閉じられた。

パパとママは、僕のおむつをとった。

もう、必要ないからね。


ママが、僕のおしりをふいたら、

オシッコが出てきた。


「わんさん、えらかったね」

「くるしかったね」

「よかくがんばったね」

「ゆっくり、おやすみ」

「わんさん、ごめんね」

「わんさん・・・、わんさん・・・、わんさん・・・」


それから、僕は、ママに抱っこされた。

わんさん、わんさんって、何度も呼んでた。


「ママに抱っこされて、わんさん、幸せそうだよ」


ママが僕を毛布におろしたときには、

僕のご自慢の足と手は、つっぱったままだった。


そして、ママと、並んで寝たんだ。


ママは、時々、僕の胸に手をあてて、

「えらいね。えらいね。」って言ってた。

ずっと、僕をいいこ、いいこしてた。


僕は、死んじゃったんだね。

126.JPG


ニックネーム わんさん at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 2004年 15歳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月12日

「わんさん、がんばれっ」

「こんばんが・・・」

「なるべく、部屋を暖かくしてあけてください」

126.JPG

パパとママが泣いてる。

どうしたの?

ここはどこなの?

お注射してるの?




お部屋の真ん中のテーブルを

パパがどかして、

僕は、お部屋の真ん中に寝かされた。



ママが、毛布の上にもう一枚重ねて敷いた。

その上に僕はいる。

パパもママも泣いてる。

なんで、そんなに泣いてるの?



「わんさん、がんばれっ」

パパが叫んだ。



だから、僕はがんばるよ。

お飲み物も少し、飲めたでしょ。


1時間ごとに、僕の体は向きが変わってる。

お腹にお水がたまっちゃうんだって。

パパが、僕を抱っこして、

向きを変えてるみたい。



ハン、ハン、

パパー、ママー、そばにきてー!

あと、少しだから・・・

ずっと、僕のそばにいて・・・


ニックネーム わんさん at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2004年 15歳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月11日

ちから・・・何にもなくなっちゃったみたい



ゲボッ、ゲボッ

お口の中から なんかでちゃったみたい

ママがあわててる


「ごはん、食べたくないだけだよね・・・」

「死なないよね・・・」

ママは泣いてるの?

僕の目の下をさわってる。


「おむつ、とりかえようね」 って

僕・・・

後ろの足、つっぱっちゃって・・・

もう立つのはやめたよ・・・


ビチビチウンチ、

ママのエプロン、汚しちゃったみたい。

僕、ちから・・・何もなくなっちゃったみたい。


僕、お車の中なの?

また、お注射しに行くの?

125.JPG 
 




 

ニックネーム わんさん at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 2004年 15歳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月10日

1月19日


1月19日

くるしい! くるしい!

僕は、何がなんだか・・・

わからなくなってきた・・・

ママの声も・・・・

パパの声も・・・・

ミルちゃんの声も・・・

遠くに聞こえる。



「ごはんだよ」

ママ・・・ もう、力でないよ。

お口のところ、さわらないで!



また、ママが

「ごはんだよ」 って言っているみたい・・・

今度は少し、飲めたよ。

チーズをお口の中におしこんだの?

味なんて、わからないよ・・・



ママが、

「目をとじて、ねんねしなさい」 ってゆーけど、

どうやって、目、とじればいいの?

僕の目は、閉じなくなっちゃったみたい・・・



ママはどこにいるの?

パパはどこにいるの?



ニックネーム わんさん at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2004年 15歳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月09日

11月18日



1月18日


「わんさん、おはよう」

「ごはんだよ」


細長いお肉、少し食べたよ。

小さいお魚も、少し食べたよ。

お飲み物だって、

歯の間から、ビチャピチャ、飲めたよ。


パパとママは

「よかった、よかった」って言ってた。



下で音がしている。

パパとママはどこに行っちゃったの?


がんばって、立ってみよう!

ドスン!

ああっ!

また、ひっくり返っちゃった〜!

また、変な格好になっちゃったよ〜!


「わんさん、どうしたの〜?」

ママが、僕をさっきみたいに、

直して、寝かせてくれた。


僕は、もう、立てないの?

僕は、立ちたいのに!


ピー、ピー、ハォン

僕は2回、パパとママをおこした。






ニックネーム わんさん at 20:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 2004年 15歳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月08日

1月17日


1月17日

「わんさん、おはよう」

あっ、朝なんだ。

お家の中にいるとわかんないよ。


やっぱり今日は、雪が降ってるらしい。

「わんさん、お外じゃなくて、よかったね」

パパとママが言った。


今日は、ホントにくたくただ。

気持ちも悪いよ。


ごはんはいらない・・・

気持ち悪くって、食べれない。

何にも、食べたくない。


でも、オムツの中にオシッコとウンチしたよ。

124.JPG


僕がなんにも食べないから、

パパとママは、

僕をお車に乗せて、どこかにおでかけ。


ワゴンRに乗るのは、今日で2回目だったっけ?

お引っ越しの時と・・・

あの時僕は、おすわりしてたけど、

今日は、毛布の上で、おねんね。


うわっ! まぶしいっ!

誰なの?

僕のお写真撮ってるの?

ちょっと前より、僕の目、黒くなったでしょ。

いいお顔は出来そうにないよ。


毎日、お注射しに、ここに来るんだって。

ここって、どこなの?


歯の間から、お飲み物が入ってくる・・・

白いのと、色のないやつ・・・

たくさん、飲めたよ。


僕のまわりに、フェンスが立てられて、

真っ暗。

ピー、ピー、ハォン

また、変なかっこうに

なっちゃったよー




 

ニックネーム わんさん at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 2004年 15歳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月05日

明日は雪が降るんだって



それから僕は、

手と足をそろえて

横向きに寝かされた。



この方がちょっと、楽かもしれない・・・

でも、立とうとすることもできないよ。

全然、動けないよ〜



なが細いお肉を食べた。

おいしい。おいしい。

おいしいけど、もういらない・・・

もう、食べれないよ・・・



明日は、雪が降るんだって。

ママとパパは

「よかった、よかった」 って言ってる。



ここは、とっても暖かいね。



夜、小さいお肉をもらった。

3本くらい、食べたでしょ。

もう、いらない・・・



寝るときは、僕のまわりにフェンスが立てられた。

ミルちゃんが、僕をいたずらしないようにだって。



ピー、ピー、ハォン、

パパ、ママ、たすけてー

頑張って動いたら、

変な格好になっちゃったよー








ニックネーム わんさん at 13:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 2004年 15歳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月04日

1月16日

1月16日

「わんさん」 って
ママの声がした。

僕を持ち上げて、毛布の上に寝かせてた。

オシッコしちゃったんだ。 いっばい。

昨日、あんなにお水飲んだせいかな〜?

毛布の上から、動いちゃったの。
だって、オシッコで、毛布がとっても冷たかったから・・・

毛布がないタイルの上は、もっともっと、冷たかった。
でも、もう動けなかったんだ・・・

ママ・・・泣きそうなお顔してる。
昨日の夜、僕にさわったのは、ママだったの?
ママだったら、ガウッなんてやらなかったのに ・・・

123.JPG

金曜日なのに、パパはお休みみたい。
パパとママはお車でおでかけ。

僕はお外に寝かされたままだよ。

こんなにお天気のいい日は、
いつもこうして、ひなたぼっこしてたけど・・・

「わんさん、お家はいろうねっ」 って
昨日の嫌いな所より、
もっと奥の、階段登って、お2階へ
パパとママが
僕をつれていった。

パパが僕を優しく洗った。

ママが僕を支えている間に、
ブルブルするから、ちょっと待ってね。

フワフワのあったかい風で、
僕の毛がフサフサしている。

僕は初めてオムツをした。

パパとママが
「わんさんのオムツ姿、かわいいね」 って言ったけど
僕はよくわからないよ。

「今日から、わんさんのお家はここだよ」
「今日から、パパ、ママ、わんさん、みるく、 みんな一緒だよ」










ニックネーム わんさん at 10:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 2004年 15歳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月02日

1月15日


121.JPG


1月15日

朝、僕はオシッコをたくさんした。
ウンチだって、いつものやつが出たんだ。
えらいでしょ。

ママは、きのうパパと買ってきた、
僕を支えるベルトみたいなやつを
僕にまきつけて、
お外に連れ出した。

なんか、立てるみたい!

のどがカラカラだよ。
お水が飲みたい。
ガブッ、ガブッ、ガブッ
おいしい〜!

僕、自分で、お水飲めたよ。

僕のお家にも、自分で入れたよ。

いつのまにか、お家の下のブロック
なくなってたんだね。

このベルト〜
立っているのは楽だけど、
お家の中に入ったら、眠れないよ〜。

いい子にしてるから、このベルトはずしてよ〜。

ママがベルトをはずしてくれた。

やっと、ゆっくりねむれるよ。
やっばり、ここが一番!

自分で、お昼ご飯、食べられたよ。
たくさん、残しちゃったけど・・・

ママは、あのベルトを僕に巻き付けて、
二人だけで、お散歩にでかけた。

お家を出て、道路を海の方に曲がって、
信号のところ・・・
今日は、ここまでだって。
ママ、おやつは?

122.JPG

ベルトがなくたって、僕は僕のお家に入れたよ。

夜、ママが、「ご飯だよ」って、
僕を起こすから・・・

僕、お家から出るのが、精一杯だったんだ。
また、立てなくなっちゃったよ。

僕はまた、昨日のところで、寝るんだって。

ヤダ、ヤダ!

だれ?
僕にさわるのは?
お医者さん?
こわいよ〜
ガウッ
あっちいってよー



ニックネーム わんさん at 16:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 2004年 15歳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月26日

玄関で過ごす夜

「わんさんっ」って
パパがお仕事から帰ってきた。

心配そうに僕をみている。

いつもは僕が先に、パパをみつけるのに・・・


パパとママは、
これから僕をどうするか、話し合っているみたい。

僕のお家は今日から、ここなの?

ママは、
「お教室が始まったらどうしよう」って言ってた。

ミルちゃんが何度も
僕をのぞきこみにやってくる。


ママの手から夜ご飯を食べた。
お水は飲めないよ。
こんなかっこうじゃ・・・
僕、つぶれたままだよ。


お星様が出ても、
ここはあんまり寒くないんだね。

今日はとっても疲れたよ。

ママが僕のあたまを
いい子、いい子して、
「わんさん」って呼んだけど、
くたくただから、
もう、寝るね。

120.JPG


ママのお仕事の都合で、8月1日まで、ブログをお休みします。

ニックネーム わんさん at 11:59| Comment(0) | 2004年 15歳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月25日

僕、どうなっちゃうの?



「わんさぁ〜ん、ごはんだよ〜」

お昼ごはんの時、ママは僕を見つけた。

ママはあわてて、僕を立たせようとしている。

だめだよ。
僕、立てないよ。

ママが来てくれるのを、ずっと待っていたんだもん。

ママは僕を毛布の上にのせて、僕に毛布をかけた。

これからどうするの?
僕は、どうなっちゃうの?

それからママは、僕を抱っこして、
パパとママとミルちゃんが
いつも入っていく所に
僕を連れて行った。

僕はいつも見ていたよ。
お花の咲いている所の下から・・・
パパとママとミルちゃんが入っていくのを・・・

でも、僕、ここはキライ!
前にも一度来たことがある。
カミナリの日だったんだ。
あの時も、今も、
ここは嫌い。

毛布の上にかえるみたいに
ねかされた。

僕は、僕のお家に帰りたい!

何度も立とうとしたけど、やっばり駄目みたい・・・

お顔をあげて、
ママの手から、
お昼ごはんを食べた。

119.JPG

ニックネーム わんさん at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 2004年 15歳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月22日

1月14日


1月14日

この頃、とっても寒いね。
今日も、とっても冷たい風が吹いている。

ママとミルちゃんと僕と、三人で、
朝だけのお散歩に行ったよ。

おやつも三つ食べたよ。

ママ〜
あんまりひっぱらないで
僕、一生懸命歩いているんだから。

「わんさん、おうち着いたよ。 今日もがんばったね」

ママとミルちゃんは、お家に入っていった。

118.JPG


どうしよう・・・
どうしよう・・・
また、たてなくなっちゃった!

僕、僕のお家の中にはいれないよ!
かえるさんみたいに、つぶれたままだよ!
寒いよ〜!
ママ〜!
早く、僕をみつけて!


ニックネーム わんさん at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 2004年 15歳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月20日

1月13日


1月13日


今日も、僕のオシッコの点々が
ずっと、続いてた。

いつのまにか、僕のお散歩は、
朝だけになった。

ママがパパに言ってた。

「わんさん、16歳になれないかも・・・」


今日も、ひこうき雲が見えたよ。

117.JPG



ニックネーム わんさん at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 2004年 15歳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月18日

2004年 1月12日



116.JPG

新しい首輪で、お散歩に行ったよ。

前のやつは
僕にはブカブカなんだって。

知らない間に抜けちゃって、
迷子になるといけないからだって。

この間、脱走したからなのかなぁ?
あれは、くさりがいけなかったんだよ。
くさりを新しいのに替えたでしょ。

お散歩のあいだじゅう、
僕はオシッコをしているみたい。

ママが後ろを振り返ると
僕のオシッコの点々が
ずっと続いてた・・・



ニックネーム わんさん at 11:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 2004年 15歳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月14日

僕、とっても疲れているんだ

僕の自慢のしっぽは、
たれたまんま。
ヘリコプターのように、
ブルンブルン回転させることもできたのに・・・

ワン、ワン、ワン、って
三拍子でいっぱい吠えて、
ママやパパがくるまで、
ずぅーっと吠えてた。

ワン、ワン、って
いつのまにか、
二拍子になっちゃった

そして、僕は、
しばらく、吠えていない・・・

カラスさんやねこさん達が、
僕のご飯を食べたいらしい。

本当は、ぶっ飛ばしてやるんだけど、
いいよ。
食べて。

とっても、つかれているんだ。



115.JPG

ニックネーム わんさん at 12:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 2004年 15歳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月11日

2004年 1月



114.JPG


ママは、
「わんさんは年を越せないかも・・・」 なんて言ってたけど

ほら、
ちゃんと僕はがんばっているよ

お散歩の初めは
けっこう、いい調子なんだ

パパも
「わんさんの推進力を大切にしなくちゃ」 なんて言ってるよ

「わんさん、ご飯だよ」
いつからか、
パパやママにおこされるようになっちゃった

「わんさん、おさんぽいくよ〜」 ゴン、ゴン、ゴン って
ママがお家をたたくんだ

ちょっと、まってぇ〜
すぐには、お家から出られないんだ





ニックネーム わんさん at 15:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 2004年 15歳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする